前回の話↑ 
 
第1話から↑

第483話

AD7DC939-27C0-4F76-9CF3-EC2F39DCE990





F770A69F-F2FA-4C02-A00D-853265E8F16F






0A0EDCF0-7D90-4D99-8370-DCE252F0782E






8FF3E56D-0D4A-461F-898B-6E3DA1082FEA






A41B68DF-B191-4322-9F4B-5AAB94C43549






6CCE9A10-1E1A-4987-A6D4-8342D9DDB48B






768316FA-403F-41E3-87C2-8CAEEE822BC8






F1C9B61B-92A5-4C44-8ABC-8C9BA9E0D778






B0623908-E6D7-482E-A8BB-1BC3820CE743

 
あとがき
私が生まれてこなければ母も幸せな人生を送れたかもしれない
母の人生が狂うことはなかったかもしれない
私自身も心と体に傷を負わずに済んだかもしれない

私と母の身に起こっているすべての元凶は、私が生まれてきたことだったのだ

このとき、驚くほどストンと腑に落ちました。

ここから先の展開では「うつ病」に関する描写が増えてくるため、苦手な方はご注意ください。
この時に思っていたことや起こったことのすべてが私にとって暗い過去ではあるものの、この時の私も含めて「私」なので、その事実から目を逸らさずに描き切りたいと思います。

思い出しながら描くのは辛いのでは?と心配してくださるお声もいただきます。いつも本当にありがとうございます。
私独自のやり方なのですが、過去と向き合いながら描いたあとはいつも通り心が少しスッキリしています。
なので、どうか安心して読んでくださると幸いです。
引き続きどうぞよろしくお願いいします!

ついに完結!
8月25日(木)
書籍『毒親に育てられました3〜親子の縁を切るまでの話〜』
が全国の書店にて発売されました(電子書籍も発売中)
ついに書籍の最終巻となります。
描き下ろしは100ページ以上!
現在発売中です。是非よろしくお願いします!↓↓↓
 

LINEで登録するとブログの更新通知が届きます!
読者登録よろしくお願いします〜!↓
LINEで読者になる